生活

【意外と知らない】花束はもらったあとどうするのがベスト!?

アイキャッチ画像

こんにちは。keigoです!

誕生日や、記念日で初めて花束をもらった際、「どうすれば良いか分からない」「どうしたら綺麗な状態をキープできるんだろう」と疑問に思いがちです。

せっかくプレゼントしてもらったものなので、すぐに枯らしてしまったらショックですよね。

そこで、今回は、花束をもらった際、どうするのがベストなのか、実際にお花屋さんに聞いた方法を紹介していきます。

最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

自宅までの持ち帰り方

花束をもらう場面は、様々ですが、プレゼントや、サプライズがほとんどですよね。
外でもらうことが多く、すぐに家に持ち帰れない場合もあるかと思います。

しかし、花束は、横向きや、逆さにせず、できる限り立てて持ち帰りましょう
すぐに枯れないよう、花束には、水で濡らしたティッシュや、保水剤というゼリー状のものが入れてあります。
横向きや、逆さにすることで、水が出てきてしまいますので気をつけましょう。

その際、「早くラッピングを解いて花瓶に入れないと」と焦ってしまいがちですが、急いで水に入れなくても大丈夫なようにお花屋さんが工夫してくれているので焦らなくて大丈夫です。

花束の処理方法

お花の画像

ラッピングを解く

ラッピングされている花束ってすごく可愛いですよね。
せっかくラッピングされているので解きたくないという気持ちはすごく分かります。

しかし、ラッピングされている状態は、お花にとってあまり良いことではないので、自宅に着いたらまずラッピングを解くと良いでしょう。

また、花束はキッチリ詰められているので、何日もその状態にしておくと、カビが生えてしまう場合もあります。

水替えと水揚げ

水替え

お花を綺麗に保つ上で一番大切なことは、清潔な状態を維持することです。

何日も同じ水にお花を入れていると、雑菌によりお水が濁ってきます。そんな濁ったお水をお花に与えるのはかわいそうなので、濁ってきたらすぐに水を替えるようにしましょう。

また、水を入れ替えるだけではなく、花瓶等にも細菌がつきますので、花瓶、茎もしっかり洗ってあげましょう

水揚げ

お花は、切り口に雑菌が入ってしまうと、お水を吸い上げる力が低下してしまいます。
そうならないよう、切り口を切って、吸い上げる力を高めてあげる作業を「水揚げ」と言います。

代表的な水揚げ方法は、「水切り」と呼ばれる作業です。
水切りとは、バケツなどに水を張り、水の中で、切り口から数センチの所を斜めに切ります。

お水を吸う切り口を新しくしてあげることで、より多くのお水を吸収できるようになります。

まとめ

今回は、【意外と知らない】花束はもらったあとどうするのがベスト!?”というテーマで、「花束を初めてプレゼントしてもらったけど、どのようにして持ち帰れば良いか分からない」「花束の処理方法を知りたい」という人に向けて、実際にお花屋さんから聞いた、持ち帰る際に気をつける点と、処理方法を紹介しました。

上記でも紹介しましたが、お花を長く綺麗に保つ上で一番大切なことは、清潔にしてあげることです。
お花も人間と一緒で、不衛生な環境だと、早くだめになってしまいます。

今回は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村ランキングに参加しています。
押していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

ABOUT ME
keigo
人生Labo(人生攻略研究室)では、”より良い人生を送ろう”をテーマに、人(人間関係)、生(生活)に関するジャンルで為になる情報を記事にしています。興味のある方は是非見ていってください。 よろしくお願いします。